女の子にウケる(これを知るだけで30%は反応率が変わる)メール返信に関する13の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テクニック

どもNGです。

「数打てば当たる。」そんな考えは当然捨てるべきである。

出会い系でメールをするということは、お金が発生することを意味するからだ。

メール1通1通に対して慎重に送るべきだし、気を使わなければいけない。

そこで今回は、メールに焦点をあてて解説しようと思う。 

まず、このコラムを読んでもらう前に、ぜひとも覚えて頂きたい3つの合言葉を紹介する。

1.読んでもらう

2.信用してもらう

3.会ってもらう

以上、この3つを念頭において読み進めて欲しい。

どんなシーンでも必ずこの3つが役に立つ。

さて、それではさっそく。

1通目のメールで反応率が3割UPする(返信)方法とは

あなたは1通目にどんなメールを送るだろうか。

  • いきなりメアドやLINEを聞く
  • 自分を知ってもうためのプロフィール
  • 楽しい人だと思われるメール
  • 信用してもらえるメール
  • 返信しやすいメール
  • 相手のプロフィールに触れた内容

ざっと考えるだけでもいろんなパターンがある。

しかしどれも実はそんな重要ではない。

なぜか分かるだろうか。

答えはシンプルで、そもそも相手は読まないからだ。

自分に置き換えてもらえれば分かると思うが、メールのタイトルをまず見る。

気になれば本文を読むが、ほとんどはスルーされる。

ただでさえ女の子のメールボックスにはたくさんのメールが届き、埋もれていくわけだ。

数あるメールの中で、ひときわ目立ち、思わず興味を持ってもらえる。そんなグッとくるタイトルを送らなけば読んですらもらえない。

一生懸命本文を考えてもムダなのだ。まずはメールを開いてもらうための「タイトル」を念入りに考える必要がある。

※タイトルがないサイトであったとしても、本文の最初の何文字かが閲覧できるはずだ。その場合は、最初の1文が勝負となる。

では興味をもってもらえるタイトルとは何か?

これには大きくわけて3つのパターンがある。

①「ステータス」を伝える:最も安定して反応がとれる王道パターンだ。例えば『年収1000万、商社に勤めてる25歳幸太』『190cmのでかいキムタクと言われてます』など、相手にとって興味のあることを伝えよう。

②「共通の話題」を伝える:相手のプロフィールに関係するタイトルをつけることで、目につきやすくする『僕もトイプー飼ってますよ、5kgのおデブちんですが(笑)』

③「インパクト」を与える:インパクトを与える方法はいろいろあるが一番手っ取り早く簡単なのは装飾をつけることだ。『★』『■』『▲』なんでもいい、強調したい部分を装飾してあげるだけで目に付きやすくなる。例えば『★★惚れました★★会社経営27歳中の下ですが…』

これ以外にももちろんさまざまなパターンがある。

詳細については、いずれコラムとして書こうと思うが、今は割愛しておく。

タイトルを決めるとき、常に相手がどんな言葉に反応するのか意識しておく必要だ。

さて、これであなたのメールは開かれたことになるが、次に意識しなければいけないのは、

続きが気になって仕方がない!グイグイとメールを読ませる方法

だ。

合言葉を思い出して欲しい。

1.読んでもらう

2.信用してもらう

3.会ってもらう

相手は今、やっと読む体制になってくれた。

つまり、ここで初めて「1」の読んでもらうステップに食い込めたことになる。

メールを開かせるのは、単なる序章でしかない。メールを開かせて初めてスタートラインを切る。

このチャンスを絶対に逃してはいけない。

メールをこの勢いで読み進めてもらうために、絶対に意識するべき点が3つある。

ポイント1:冒頭3行で読んでもらえるか、すべてが決まる

女性はとくに長い文章をだらだら読むのがあまり好きではない。

女性雑誌を見れば分かるように、ほとんどが写真で埋め尽くされている。目で見て判断するのだ。

そんな女性を文章のみで落とそうとしているのだから一筋縄でいくはずがないし、ヘタなメールを打っては二度と返信がこなくなる。

だから、最初の3行が重要なのだ。

いかに興味をもって読ませるか。

ポイント2:ユニークな要素は含まれているか

では、冒頭にどんな文章を書けばよいのか説明する。

ユニークとは、あなたの個性だ。そんなに難しく考える必要はなく、単純に自分らしさを出せばいい。

例えばこんな冒頭があったとする。

——————————–

初めてメールします。たいちです(*^^*)

プロフィール見て気になったのでメールしました。

犬飼ってるんですね。僕も犬が好きなんですよ。

よかったらメールしませんか。

返事待ってまーす♪

——————————–

はっきり言って、こんなメールでは返事なんか期待できないってことは、あなたにも分かるはず。

ここにユニークさを足すとこうなる。

——————————–

29歳、デザインが嫌いなのにデザイナーやってます。たいちです(*^^*)

僕もトイプー飼ってたので思わずメールしちゃいました。

って言ってもデブ犬だから、どう見てもちっこいクマにしか見えないけど(笑)

でもモフモフして気持ちいんですよw

○○さんのトイプーはおチビちゃんですか??

——————————–

っと、犬ネタで攻めてみた。

あまり上手いとは言えないが、少なくとも最初の文章より読んでもらえる確率はグッとあがる。

自分らしさ、面白さ、それらを盛り込むだけでユニークさが増し読まれやすい文章になる。

ポイント3:心をくすぶる要素は含まれているか

心をくずぶるとは、思わず「えっ!?」と思ってしまう要素や、気になって気になって仕方がない、人が感じる心理的な要素のことだ。

人の欲求を表す、“マズローの5段階欲求”が有名だがそれとは違う。

もっと心の奥深くにある、自分ではコントロールできない部分をくすぶる必要がある。

細かく話すとあまりにも専門的な話になるので出会いの場でも確実に使える要素を2つ紹介する。

この2つだけ覚えておけば問題ない。

①「希少性」を言う:これはNGも良く使うパターンなので覚えておくと便利だ。例えば、女の子にこんなこと言われたらどうだろうか。「私、普段こんなこと言わないんだけど…人と話す苦手で。でもなんか○○さんて話しやすいからつい色々話しちゃう(>_<)」なんて言われたら、少なからずドキドキしてしまう。これは、“普段は絶対に言わない”、でも“言う”というギャップが希少性を煽る。

他にも、「昔はすごいモテたけど、好きじゃない人とは付き合えないから断った。でもあなたは別」とか

「そんなに嫉妬深くないけど、○○さんが他の女性と話してたら、モヤモヤしたっ(>_<)」とか

いろんなパターンで応用できる。

イメージしてもらうために、女の子に言われたパターンをいくつか出したか、男も同じように使えるのでぜひ試して欲しい。

②「過激なこと」をあえて言う:これは極めるとかなり強力だが諸刃の剣でもある、という事を覚えておいて欲しい。

イメージしやすいように女の子を例にとると、「昨日いかにもバカっぽいチャラ男2人にナンパされた(>_<)ホントあいつら死ねって感じ!私には○○くんがいるんだから声かけるなっつーの`・з´・)」となる。

諸刃の剣というのは、使い方間違えたらただの世間知らずのバカだと逆に思われるからだ。

上の例では、「私には○○くんがいるんだから声かけるなっつーの`・з´・)」という一文でフォローしている。

上手に使えればかなり強力だ。

ここで簡単にまとめておこう。

メールを読んでもらうためには以下の3つ要素が必要だ。

ポイント1:冒頭3行で読んでもらえるか、すべてが決まる

ポイント2:ユニークな要素は含まれているか

ポイント3:心をくすぶる要素は含まれているか

これらを駆使して、つまらないメールをグイグイ続き読ませる文章に磨きをかけていくことになる。

他にもテクニックの話をすればたくさんあるが、今はこれだけ覚えておけば問題ない。

メールだけで“相手に信用してもらう”ために気をつけるべきこと

さて、読んでもらえるとこまで辿り着いたわけだが、次にあなたがすべきことは

1.読んでもらう

2.信用してもらう

3.会ってもらう

「2」の、信用してもらうことだ。

1通のメールで信用してもらうのは至難の業だ。想像するまでもなく、難しいのが誰でも分かる。

だから何通かに分けて少しずつ信用してもらう必要がある。

女の子に少しでも信用してもらう3つのポイント

ポイント1:証明できるものは全て証明する。

たとえば、医者と名乗っているのであれば、それを証明する必要がある。証明の仕方はいろいろある。

衣服を着た写メを送るのでもいいし、知識を小出しで出してもいい。

重要なのはクドくならないようにすることだ。相手がイラッとくるほど自慢してはいけない。

相手に「ホントかも?」と思わせる程度のことを何回も繰り返すことで、信用に変わってくる。

ポイント2:悪口を言って自分の意見を言う。

悪口を言うと相手の印象を悪くすると思うかもしれないが、実はそうではない。

正しく使えば、かなり信用度がアップする。しかし例のごとく、誤った使い方をするとただの陰険で嫌な奴にしかならないので気をつけて頂きたい。

悪口を言うのは誰でもよくて、重要なのは、相手にとっても同じように「嫌なもの」でなければならない。

たとえば、「ゴキブリ」とかだ。

相手が好きなものやどちらとも言えないものをボロクソに言うと「嫌な奴」になってしまうが、相手の嫌いなものをボロクソに言うと親近感がわく。

ぜひ試して欲しい。

ポイント3:一度落としてから、自分の意見を言う。

これもかなり強力だ。しかもいろんなシーンで使える。

分かりやすく言うと、相手をがっかりさせた後に、喜ぶことを言うってことだ。

そうすることで、ただ喜ぶことを言うよりも、数倍効果がある。ただしギャップ(落とす→喜ぶ)がありすりぎると、逆に引かれる可能性があるので注意が必要だ。

がっかりさせる事はいくらでも思いつく。

・わざと嫉妬させる。

・忙しくてデートがなかなか出来ない。けど頑張って時間を作る。

・無理!と言いながら、やってあげる

別にがっかりさせる事でなくても、ギャップが生まれればOKだ。

・普段こんなことしないけど、する

・普段こんなこと言わないけど、言う

・もう眠い、、、けど頑張ってメールする

などなど、あとは自分でアレンジするといい。

重要なのはギャップだ。

この3つをメール内で随所で使うことで 少しずつ信用してもらえるようになる。

それどころか、この3つの理論の良いところは、「信用→好き」を最短距離で突っ走ることができる。

信用してもらった時には、すでに「好き」の状態になるパターンが非常に多い。

メールだけで、忘れられない存在まで持ち込むことが可能なのだ。

ちなみに、メール内で「!」びっくりマークの多様は控えた方がいい。

 そして最後

1.読んでもらう

2.信用してもらう

3.会ってもらう

「3」の会ってもらう、だ。

いったい、どうすれば会えるのか?

・・・申し訳ないが、嘘をついた。

“会ってもらう”

ではない。

さきほど言ったように、信用してもらえると、同時に好きになってもらえる。

つまり、相手から「会いたい・・・」と、言ってくるのだ。

NGの場合は、自分から会いたいとほぼ言わない。

相手に言わせるのだ。

少しずつ上記で話したことを繰り返し繰り返しおこなう。

何回も繰り返すことで、信用が信頼になり、好きに変わっていく。

それまで待つ。

そんなの待てない場合は、自分から言えばすんなりOKしてもらえるはずだから、言えばいい。

NGは言わせるのがただ好きなだけだ。

ただしやりすぎると、依存されすぎて困るので気をつけよう。

以上が、女の子にウケる(これを知るだけで30%は反応率が変わる)メール返信に関する13の秘密になるので、ぜひ活用して頂きたい。

そして、この合言葉を忘れないようにして欲しい。

1.読んでもらう

2.信用してもらう

3.会ってもらう

 

あとは、出会いライフを楽しむだけだ。

このコラムの著作権はNGに帰属しますので、無断複製、転載は禁止します。

でも、お友達に紹介してくれるのはものすごく歓迎します。

もし万が一紹介したいなんて素敵な人がいましたら、別に私に連絡くれなくてもいいですから、下記のツールを使うと簡単にシェアできるので便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

"PCMAX(ピーシーマックス)"は、より多くの人に出会いを提供するために、かなり大規模なプロモーション活動をしている。他の出会い系サイトでは類をみない活動だ。

  • 会員数400万人を突破した日本最大級
  • リアルプロモーション活動としてCMや雑誌にも多数
  • もちろんヤレる

サクラがいるいないは別問題として、まずはPCMAXの一択で問題ない。

PCMAXを見る

最近の記事

出会い被害報告の最新コラムを受け取る方法

コラム購読にはfacebookが便利です。

この記事のコメント

会える確率の高いサイト
―― 100%ではないが登録して損はない出会い系 ――

出会い系を利用して実際に会えた!体験談集
―― 出会い系は会えないわけじゃない ――