出会い系サイト規制法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正式名称インターネット異性紹介事業といいます。

この法律が施行されてから、出会い系サイト運営者は、簡単に出会い系サイト運営できなくなりました。

先ず、運営者にとって大きく変わったところは、警察に届け出を提出して受理されないと運営ができないところでしょう。

以前のように自由に出会い系サイトを運営ができなくなりました。

受理されるには審査などもあり、悪質な人間は出会い系サイトを運営ができなくなりました。

規制法の目的は18歳などの児童が利用しないようにする為の細かい規制などを目的としていますが、運営者側は自由に出会い系サイトを運営できないことから、悪徳なサイトを撲滅させる為の大きな変化となりました。

インターネット異性紹介事業というものは、簡潔に出会い系サイトなのですが、きちんとした定義も定められています。

面識の無い異性をとの交際をインターネットで提供するサービスを行うことなど、異性を紹介するようなサイト自体がインターネット異性紹介事業というようなかたちとなっているようです。

これが例え掲示板サイトであっても、異性を紹介したり斡旋するようなサイトであっても法律が適用される場合もあるようです。

出会い系サイトを運営する側でも、優良サイトであれば問題ないでしょうが、悪質サイトにとっては大打撃の法律なのでしょう。

児童でない旨の確認を取らないと利用できない為、運転免許証やパスポートなどで年齢確認必須となりました。

悪質なサイトにとっては、運営自体が困難になってしまう為、運営を辞めてしまうサイトも多いのでしょう。

さまざまな法律が適用され、悪質な出会い系サイトが減少していても、まだ悪質なサイトが無くなっている訳ではありません。

悪質なサイトは少なくなりつつも、まだ存在しているのです。

悪質なサイトを自由に運営できなくなった運営者は、利益が出せないのであれば運営を行わないでしょう。

運営を行えなくなれば、悪質な出会い系サイトも激減するでしょう。

利益がでるから悪質な業者は運営を行っているのです。

何故、悪質な業者がまだ存在しているのか?その理由は騙されてしまう方がいるからなのです。

悪質な業者も利益がでないサイトを運営など行いません。

利用者がいるからこそ運営を行うのです。

運営を行えているということは、悪質なサイトに利益が出ていると考えてよいでしょう。

悪質な運営を行えているのは、サクラや架空請求などの被害が未だに無くなっていないからなのです。

悪質な運営者が無くなる為には、利用者側が悪質サイトに騙されないようにしっかりと優良サイトと悪質サイトを見分けるテクニックが必要だといえます。

優良サイトばかりが運営できるようになれば、悪質なサイトに騙される被害者もいなくなるはずです。

このコラムの著作権はNGに帰属しますので、無断複製、転載は禁止します。

でも、お友達に紹介してくれるのはものすごく歓迎します。

もし万が一紹介したいなんて素敵な人がいましたら、別に私に連絡くれなくてもいいですから、下記のツールを使うと簡単にシェアできるので便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

"PCMAX(ピーシーマックス)"は、より多くの人に出会いを提供するために、かなり大規模なプロモーション活動をしている。他の出会い系サイトでは類をみない活動だ。

  • 会員数400万人を突破した日本最大級
  • リアルプロモーション活動としてCMや雑誌にも多数
  • もちろんヤレる

サクラがいるいないは別問題として、まずはPCMAXの一択で問題ない。

PCMAXを見る

最近の記事

出会い被害報告の最新コラムを受け取る方法

コラム購読にはfacebookが便利です。

この記事のコメント

会える確率の高いサイト
―― 100%ではないが登録して損はない出会い系 ――

出会い系を利用して実際に会えた!体験談集
―― 出会い系は会えないわけじゃない ――